予防することの大切さについて

予防することの大切さについて

虫歯と生活習慣には密接な関係があるといわれています。ブラッシングが不十分だったり、甘い物を摂る機会が多かったり、ダラダラ食べていたりすると虫歯のリスクが高まります。

虫歯歯周病などのお口のトラブルの予防については、歯科医師や歯科衛生士と相談し、生活習慣を見直すことが大切です。お気軽に茨城県ひたちなか市の歯医者「あおば歯科クリニック」にご相談ください。無理のないペースで、少しずつ改善するお手伝いをいたします。

当クリニックでの取り組みについて

「歯医者は、痛くなってから行くもの……」そうお考えではありませんか? でもじつは痛くなってからの「治療」よりも、病気にかかる前の「予防」がお口の健康維持には効果的なのです。毎日のご自宅でのケアとともに歯科医院での定期検診を受けることが、歯の健康につながります。こちらでは、当クリニックでの予防処置をご紹介します。

PMTC

PMTC

歯科のプロフェッショナルによる専用の機材や薬剤を使った歯のクリーニングのことをPMTCといいます。毎日のご自宅でのブラッシングなどによるケアでは落としきれない汚れやプラーク(歯垢)、歯石を取り除きます。仕上げにきれいにみがきあげ、汚れの再付着を防ぐとともに、歯質を強くするフッ素剤を使用するので、虫歯や歯周病予防に効果的です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯や歯周病などのお口のトラブル予防の基本は、毎日のブラッシングです。ただ、自己流のブラッシングでは汚れが落とせなかったり、みがき残しを起こしたりすることもあります。当クリニックでは、患者様一人ひとりのお口の状態に合わせたブラッシング方法のアドバイスをしています。しっかり身につけて毎日のケアに活かしてください。

定期検診

定期検診

虫歯や歯周病などは初期の段階では自覚症状がありません。ですが、歯科医院で定期検診を受けていれば、もし、お口のトラブルにかかっていても早期発見・早期治療につながります。また、定期検診で歯のクリーニングを受けることは、トラブル予防につながりますので、積極的に受診することをおすすめします。

毎日のご自宅でのケアについて

正しいブラッシング方法とは、患者様のお口の状態や年齢によって異なります。こちらではブラッシングのポイントをご紹介しますが、詳しくは直接、歯科医師や歯科衛生士におたずねください。

  • お口の大きさに合わせて歯ブラシを選びましょう
  • ときどき染め出し剤などを使用して、ブラッシングの状況を確認しましょう
  • お子さんの場合、小学生くらいになったら自分でみがくように促しましょう。そしてそのあと、仕上げみがきをしましょう
  • 食べたらみがく習慣を身につけましょう。口ゆすぎだけでも効果があります
  • 就寝前は、しっかり汚れを落とす習慣をつけましょう

さらに健康的で美しい口元を手に入れたいなら……

予防歯科を通して、歯の健康に興味を持ち、より美しい口元にしたいとお考えになる方が増えています。気になる銀歯をより自然な見た目にしたいのでしたら、審美歯科の受診を。黄ばんでしまった歯を白くしたいのでしたら、ホワイトニング処置をおすすめします。

また今の入れ歯に不満があり、「もっと咬めて、もっと自然な見た目にしたい――」とお考えでしたら、インプラント治療をご検討されてみてはいかがでしょうか? 健康的で美しい歯のことは、「あおば歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。

先生からのメッセージ

先生からのメッセージ

「ペリクル」という言葉、聞いたことがありますか? これは歯の表面のエナメル質に唾液が形成する薄い膜(1~10ミクロン)のことです。歯の表面を覆う「ペリクル」には、エナメル質を保護する役割があります。でもここに虫歯菌が集まってしまうと、やがてプラークとなってしまうのです。反対に、善玉菌で構成されたペリクルは歯のコーティングの役割を果たし、虫歯になりづらくなるように作用します。歯が生えてから2年くらいから中学2年生くらいまで、定期的にこの「歯によいコーティング」をすることで、将来虫歯になりにくくなるといわれているのです。

当クリニックでは、虫歯になりにくい歯をつくるために、悪いコーティングをはがし、よいコーティングをするような予防処置を行っています。お子さんを虫歯から守るため、お気軽にご相談ください。

歯を守りたいとお考えですか?「あおば歯科クリニック」にご相談くださいTel.:029-273-4182

PAGE TOP